【バス釣り】初心者がそろえる道具はこれだけでOK!

バス釣り
かな
かな

バス釣りを始めてみたいんだけど、道具の種類が多すぎて、何を買ったらいいか分からない!

たく
たく

いざ買おうと思うと種類も多いし、余計なものを購入してしまいそうだよね。

今回は、これだけ買えばすぐに釣り場へ行ってバス釣りができる道具を紹介していくよ!

この記事で分かること

・バス釣りで必要な道具

・すぐにバス釣りへ行くための道具

そもそもバス釣りの魅力とは?という方はこちら。

【バス釣り】一度ハマったらやめられないバス釣りの魅力について解説
ブラックバスという魚を知ってはいるものの、なぜバス釣りに人気があるのかピンと来ていないという人向けに、バス釣りの魅力を解説していきます。
スポンサーリンク

タックル

タックルとは

バス釣りにおけるタックルとは、ロッド(竿)・リール・ルアー・ワーム・バッグなど、バス釣りで使う道具を指しています。

釣具屋にいくとその種類や数の多さに圧倒されてしまい、何を買ったらいいのか悩んでしまいます。

そんな方々へオススメのバス釣りで使うタックルについて紹介していきます。

バス釣りで使うタックル一覧

バス釣りで使うタックル一覧ですが、リストアップした結果これだけの多くの種類になってしまいます。

  1. ロッド(竿)
  2. リール
  3. ライン(糸)
  4. ルアー・ワーム
  5. フック
  6. シンカー
  7. タックルボックス
  8. タックルバック
  9. ロッドケース
  10. プライヤー(フックを外したり、ペンチの替わりとして使用)
  11. ラインカッター(ハサミ)
  12. ランディングネット(ネット)
  13. メジャー(釣れたブラックバスを計測)
  14. キャップ
  15. サングラス
  16. レインウエア
  17. 長靴

今回のタックルは、おかっぱり(岸から投げて釣る釣り方)を想定しています。

これだけ買ってバス釣り開始

釣り場へ直行するために、必要最低限のタックルを紹介します。

タックル一覧を見ると多くの道具が必要に思えますが、そうではありませんのでご安心ください。

ロッド(竿)

ロッドはスピニング用・ベイトリール用と2種類あります。

難しい操作なしでバス釣りを開始したいという方には、スピニング用ロッドがオススメです。

初心者にオススメのロッドを確認したい方はこちら!

【バス釣り】初心者ならこのロッドを買っておけば間違いなし!
【バス釣り】初心者ならこのロッドを買っておけば間違いなしの6本を紹介します!

リール

リールもロッドと同じくスピニングリール・ベイトリールと2種類あります。

こちらも難しい操作なしでバス釣りを開始したいという方には、スピニングリールがオススメです。

初心者にオススメのリールを確認したい方はこちら!

【バス釣り】初心者ならこのスピニングリールを買っておけば間違いなし!
バス釣り初心者にオススメのスピニングリールを紹介していきます。バス釣りを始めたい方、始めてみたいなと思っている方、必見です。
【バス釣り】初心者ならこのベイトリールを買っておけば間違いなし!
バス釣り初心者にオススメのベイトリール3選と、ベイトリールに巻くライン(糸)も紹介していきます。

ライン

リールに巻く糸のことをラインとよんでいます。

オススメしているスピンニングリールには6lb(1.5号)のナイロン製のラインを巻いてみてください。

ナイロン製のラインは扱いやすいうえに価格も比較的安いものが多いです。

バス釣りを始めたばかりだと、ラインの消費がはげしく、すぐになくなってしまうのでコスパ重視で問題なしです。

ルアー(ハードルアー)

初心者でも扱いやすいルアーはスピナーベイトがオススメです。

スピニングリール・ロッドを使用する場合は、1/8oz(約3.5g)程度の重さのものを選びましょう。

スピナーベイトはブラックバスへのアピール力も高く、投げやすいうえに沈んでいるものにひっかかることも少ないです。

ワーム(ソフトルアー)

ワームは柔らかく、魚や虫の形をしたものが多いです。

一袋に3~10個ほど入っており、コスパ重視の初心者にはオススメです。

巻いたり、落としたりするだけでもブラックバスにアピールすることができ、とても扱いやすくなっています。

また、種類も多いので気に入った形・色を選んで購入してもOKです。

フック

フック(針)はオフセットフックがオススメです。

フックは様々なサイズがあり、使いたいワームに合わせましょう。

ゲーリーヤマモトのイモグラブ30の推奨サイズは、オフセットフック#4です。

オフセットフックを使って、針の先をワームに埋め込むことで沈んでいる木やブロックにひっかることを減らすことができます。

タックルボックス

タックルボックスにはルアーやワームを入れ、持ち運びをします。

ルアーやワームはもともと袋にはいって売られていますが、一度使用した後に同じ袋に戻すと、他の使っていないルアーやワームを劣化させる原因になってしまいます。

また、有名ブランドのタックルボックスをあえて買う必要はなく100均のプラスチックケースで代用可能です。

タックルバック

ルアーなどを入れるバックを1つ持っておけば、タックルボックスをいれ釣り場での移動がスムーズになります。

タックルボックスと同じく、有名ブランドのバックを買う必要はなく、タックルボックスと貴重品、飲み物が入るくらいの大きさで問題ありません。

まとめ

バス釣りを1日でも早く始めたい方、初心者の方は必要最低限のものからそろえてみてはいかがでしょうか。

新品ですべてそろえるとなると、2~3万円ほどかかってしまうので、中古でそろえるのもオススメです。

バス釣りのタックルをそろえて釣り場へ向かいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました