無職でも人生なんとかなる。【実体験】

暮らし

こんにちは、かなです。

私は過去に2度退職し、無職を経験しています。

その経験から、「あれ?無職でもなんとかなってるな?」と気付いた話をします。

なぜこの経験を書こうと思ったのかというと、過去の私の行動の上に今の幸せが成り立っているって最高じゃね?と感じたからです。

まあこの記事を最後まで読む人ってよっぽど暇なんだと思うけど…

この記事を読んで得られるものは「仕事を辞める勇気」「辞めてもどうにかなるんだなぁ」という気持ちかと。

まず軽く私の経歴を紹介しますね。

  • 新卒~1年未満:不動産の営業
    • 上司のパワハラにより精神をやられ退職
  • 23歳~26歳:弁護士事務所で事務
    • お局にいじめられ職場に行けなくなり退職

ということで人間関係が原因です。

「親と上司は選べない」とはまさにこのこと。

結論から言うと、どちらも辞めて正解でした。

スポンサーリンク

不動産会社を辞めて無職になるまで

不動産会社を辞める数か月前から

  • 風邪でもないのに原因不明の高熱
  • 職場で勝手に涙が出てきて止まらない
  • メールの書き方が分からなくなる
  • 自分に車が突っ込んできてほしいと願う

といった変化が身体に現れ始めました。

もし今↑のどれかに当てはまる、という方は要注意だと思います。

ある日、走っているトラックを見て(あのトラックが私に突っ込んできてくれれば明日は会社に行かなくていいのに)と思いました。

そしてそのあとすぐに(ちょっと待って?今なんてことを考えたんだ…)と恐ろしくなり、次の日に会社を休んで病院に行きました。

お医者さん

「うつ病の一歩手前ですね。もし仕事を辞められるなら今すぐに辞めてください。」

ということで、まさかの一発ドクターストップでした。

この診断結果を持って、次の日の朝上司に「辞めさせてください」と伝えました。

そして2018年の年明け、私ははれて無職になりました!

荷物を整理し、不要なものは同期や後輩にあげ、私物を持って職場を出たとき。

あの解放感は死ぬまで忘れることはないでしょう。

無職の期間の心境(1回目)

仕事を辞めたことで得られたこと。

  • 休みの日に電話やメールを気にしなくていい
  • 飲み会という名の説教大会が消滅
  • 休みの日に出勤しなくていい(無給で)
  • 終電まで飲みに付き合うことがなくなった
  • 社内で飛び交う怒号を聞かなくていい
  • 「今日1日何してたんだ」と詰められない
  • 「今月何やってたんだ」と詰められない
  • (消えていなくなりたい)と思わなくなった

などなど。挙げたらいくらでもあります。

新しく仕事しなきゃ、とは思いませんでした。

友達と会ったり家族と出掛けたりして穏やかな日々を過ごしていました。

次の仕事探そうかな~と思ったのは、辞めてから3ヶ月ほど経ってからです。

それまでは転職活動も求人検索も全くしていませんでした。

暇になってきたのと、遊ぶお金がなくなってきたので、仕事しようかなって感じでしたね。

「社会なめんなよ」って声も聞こえてきそうです。

でも、無理に転職活動してもいいことないなと思います。

それより、自分が前向きな気持ちになるのをゆっくりでいいので待つ方が大事だと、私は思います。

弁護士事務所をやめて無職になるまで

これは私にとっては少し意外な結末でした。

が、いずれ辞めるつもりだったので、それが少し早くなったと思えばいい話でもありました。

お局さんというのはいつの時代も、どんな職場にもいるのですね。

このお局さんが徐々に私のメンタルを傷つけていたようで、ある朝職場に行けなくなりました。

休職をお願いし、3ヶ月後そのまま退職しました。

これも、求職する数か月前から

  • 食べたいと思わない
  • 食事自体を面倒だと感じるようになる
  • 常にみぞおち辺りが痛む
  • 仕事中、突然めまいがする
  • お局の飲み物に殺虫剤を入れたら…?と真剣に考えた
  • 体重の減少

こんな感じの症状がありました。

普段は食べることが大好きなのに、夜帰ってきて食べる気力がどうしても起きなかったのです。

無職の期間の心境(2回目)

これはまさに今の私です。

絶賛無職を満喫しています。

といってもずっと無職でいるわけにもいかないので、働く意思はありますが。

「次の仕事」に対する考え方が、求職中と今とでは全く違います。

休職中の私

休職期間が終わる前に次の職場を見つけないと履歴書に穴が開いちゃう…

私が働かないと生活も成り立たないよ~~~どうしよう~~~

休職

→休職中に転職活動

→正社員として内定をもらう

→退職

という流れが正解だと思い込んでしまい、自分で自分を追い詰めていました。

退職後の私

これから何でもできるじゃん!やったあ何しよう!ワクワクする~~~♪

2度目ですが、やはり解放感すごいです。

そして一旦すべてをまっさらにしたことでとても身軽になりました。

絶対に正社員でなければいけない理由は、私の場合はどこにもありません。

  • 将来のためにお金が必要
  • 今働いて貯めておかないと

といった思いはもちろんありますが、だからといってやりたくもないことをやる理由にはならないと思います。

極端な話、1年後にこの世にいないかもしれないのに。

今を我慢して将来のために…ってなんだかおかしいなと。

今後について

じゃあ今後どうするんだよって話ですよね。

私は身体を動かすことや料理が好きです。

そういったことに関わる仕事を探して行こうかな、と思っています。

あとはこのブログを始めたことで、Webデザインやライティングにも興味が出てきました。

とりあえずいろんなことにチャレンジしてみようかなという感じですね。

1ヶ月後自分が何しているか自分でも分からない。

でもそんな状態がちょっと楽しい。楽しめる。

自分ってそんな人間なんだと気付きました、今更。

まとめ

この記事を通して何が言いたかったのか?

特にありません。

だって、これは私のエゴで書いているだけの記事だから。

でも、もし誰かがこの記事を読んで

  • 仕事辞めても何とかなりそう
  • 一回リセットしてみようかな

って前向きな気持ちになってくれたら嬉しいなと思います。

あなたを傷つける環境や人間は、あなたにとって何のメリットもないから。

辞めることは逃げじゃないです、絶対に。

居心地のいい環境が必ずあります。

(居心地悪い)と思うなら、それは離れた方がいいよという身体からのサインです。

私を心地よく幸せな状態にできるのは私だけで

私にはその責任があるんだということを忘れず

これからもゆるゆると生きていこうと思います

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました