大根&梅干しで梅流し!デトックス効果抜群!【やってみた】

暮らし

こんにちは、かなです。

ここ最近少し便秘気味で、下腹部が張って気持ち悪い…

薬以外でなにかいい方法ないかなーと調べていたところ、

大根と梅干しでデトックスができると知り、早速やってみました。

スポンサーリンク

材料

大根   1/2本

梅干し  3個

出汁昆布 2枚

梅干しは塩分8%以上のものがいいそうです。

また、はちみつ味やかつお節味ではなく

しそ味の梅干しの方が効果が出るとのこと。

作り方

出汁昆布を30分以上水に浸けておく

大根を煮る鍋で昆布を戻しておくのがいいと思います。

昆布と出汁を移し替える手間がいらないのでおすすめです。

ちなみにこの出汁を取った後の昆布は食べられます!捨てないで!

食べ方はこちらのサイトを参考にしてみてください。

だしを取った後の昆布活用法|こんぶネット(日本昆布協会)
だしを取った後の昆布、捨てないで! ちょっとした一手間でおいしく食べられます。だし取り後の昆布を使ったおいしいレシピを紹介します。

大根を1cmの輪切りにする

今回はこのように1cmの輪切りにしましたが、正直輪切りじゃなくてもいいです。

細切りでもいちょう切りでも大丈夫!食べやすいサイズに切ってください。

時間がない方は、うすく切って火の通りを早くするのも全然アリです。

梅干しを叩く

梅干しは、煮えた大根と一緒に食べます。

叩かずにそのままかじるのでも、全然大丈夫です。

昆布の入った鍋を火にかける

沸騰直前まで加熱します。

沸騰直前までの理由は、昆布は70℃をこえると、ぬめり成分が出てくるからです。

ただし昆布も食べられるものなので、そこまで神経質になる必要はないかなと思います。

一緒に煮てしまってあとで食べてもいいし。

昆布を取り出した鍋に大根を入れる

大根が柔らかくなるまで、蓋をして煮ていきます。

火加減は、弱火~中火です。

目安は、フライパンの底に炎があたるかあたらないかくらい、です。

あまりにも火が強いと吹きこぼれてしまいますのでご注意を。

完成!!

大根が柔らかくなったら完成です。

1cmの輪切りで、30分くらい火にかけていました。

目安は、つまようじを大根に刺してみて貫通するくらいです。

食べ方

①茹で汁を大きめのどんぶり1杯分飲み干す

②大根と梅干しを交互に食べる

※大根を食べる途中で箸休めに梅干しを挟むイメージ

③大根、梅干しを食べながらゆで汁を飲む

※茹で汁も、最終的には全て飲み干します

★味に飽きたら味噌をつけて食べてもOK

★旬の野菜も一緒に食べてOK(気分転換に)

★旬の野菜は完食しなくても大丈夫

効果は…?

はい、たくさん出ました!!笑

(汚い話でごめんなさい、でもホントです)

食べ始めて30分くらいで、お腹がぎゅるぎゅる鳴り出しました。

食べ終わってからすぐにトイレに行きたくなり、

その後3時間くらいはトイレとお友達でした❤

食べた直後の体重は46.9kgでした。

どれくらい減るのか計ってみたところ…

1回目…46.6kg

2回目…46.2kg

3回目…不明(計る間もなく🚽へ)

4回目…46.0kg

5回目…45.7kg

6回目…45.1kg

7回目…45.1kg

結構水分が出たな~という感じはありました。

注意点

食べてしばらくは何回もトイレに行くことになります。

一日予定がない日に行ってください!

あと、この梅流しをしたあとは刺激物やアルコールは避けた方がいいそうです。

胃が荒れるので、一週間くらいはお腹に優しいものを食べましょう。

感想

やってみた感想としては、「思った以上に出る」でした。

お腹がきれいになった感じがするのと、せっかくリセットしたんだからお酒とかお菓子は食べないようにしないと!という意識が強くなりました。

定期的にやってみようかなと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました