【ROXY】ANGIEヘルメットレビュー【スノボ】

暮らし

先週、ROXYのヘルメットを誕生日プレゼントに買ってもらいました。

※誕生日は8月です

おすすめポイントなどをまとめたので

ROXYのスノボ用ヘルメットを買おうと思っているけど、もっと詳しく知りたい!

という方にぜひ読んでいただきたいです。

スポンサーリンク

おすすめポイント

ダイヤル調整

ダイヤルが後頭部のパット部分についています。

Lだと大きいけれどMだと小さい、という場合に調整が可能です。

滑る前にはきつく締め、リフトに乗っているときには緩くするといった使い方もできます。

ゴーグル固定バンド

ヘルメットの外側に、ゴーグルを固定するゴムのバンドがついています。

私はこのタイプの固定バンドは初めて使いましたが

実際に何度か固定してみれば、すぐに慣れると思います。

イヤーパッドの取り外しが可能

気温が高いときや、春先に滑るときには

ヘルメット内もかなり暑くなってしまうので

イヤーパッドが取れるのは、大助かりですね。

逆に今の寒い時期にはイヤーパッドがあるのと無いのとでは大違い。

リフトに乗っていても耳が暖かくて嬉しいです。

あごひもの留め具がマグネット

今までは、よくある「パチン」というタイプを使用していました。

マグネットだと、グローブをつけたままでも着脱が簡単です。

付け方、外し方は画像の通りです。

最近ではマグネット式が主流なのでしょうか?

他のメーカーのヘルメットもこのマグネットタイプの

留め具が多かったように感じました。

実際に使ってみた感想

安心感 + 頭が痛くならない

滑る前にダイヤルをきつく締めることで、転んでも

ヘルメットがずれたり、ヘルメット内で脳が揺れたり

ということが起こらず安心して滑ることができます。

ずっと締めっぱなしだと、こめかみの辺りが痛くなってしまいますが

滑らない時には緩めることで、頭痛もなく楽しく過ごせました。

ゴーグルが外れることも無し

転んだらゴーグルが取れてしまうのでは…?と懸念していましたが

実際には一度も外れることはありませんでした。

見た目以上にしっかりと留まっているようです。

マグネット式は慣れれば問題なし

今までは「パチン」タイプの留め具だったので、

慣れるまでは少しやりづらかったのですが、慣れてしまえば

従前のタイプよりも簡単に着脱ができます。

まとめ

ダイヤル調整・イヤーパッド取り外し可能・15000円前後

ヘルメットを探している方にはぜひおすすめしたいです!

他のデザインもあるので、よろしければぜひ見てみてください♪

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました